JA岡山中央会について

目的と性格

 JA中央会は、JAの健全な発展を図ることを目的に、農業協同組合法に基づいて設立されたJAの指導機関で、JAの総括的なリーダーの性格を持ち、きわめて公共性の強い非営利法人です。中央会の経費は、主として会員からの賦課金によって賄われています。

 JA中央会は、都道府県内の単位JAと連合会を会員とする都道府県中央会と、単位JAと都道府県中央会・連合会、全国連合会を会員とする全国中央会があり、それら会員の組織及び事業、経営の指導、監査、教育、広報などの事業活動を行うほか、行政庁への建議を行う機能を持っています。

 JAは愛称で、正式名称は「農業協同組合」といいます。「JA」とは、Japan Agricultural Co-Operatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として、1992年4月から使用しています。

 JA岡山中央会の会員は、県下の総合9JAと専門2JA、3連合会で、運営の最高意思決定機関は会員で構成する総会で、総会決議に基づいて理事会が業務を執行しています。

組織と業務内容

  • 農業振興関連企画指導

    岡山県農業の振興・営農指導体制の整備指導、担い手農家育成支援・指導など

  • 地域振興関連企画指導

    高齢者福祉対策の推進、JA食農教育の充実強化、JA青年部・女性部組織の育成指導など

  • 農政活動

    国・県への農業政策提言など

  • 広報活動

    JA提供テレビ・ラジオ番組の制作、日本農業新聞の記事取材など

  • JA経営指導

    経営管理機能強化の指導、人事労務管理の指導、税務・法務相談など

  • JA役職員教育

    県内JA役職員の教育、資格認証試験の実施など

  • JA監査

    JAの財務・経営・運営管理等適正化のための監査など

機構

総務企画部

総務管理担当
TEL: 086-232-2355
FAX: 086-227-6610
所在地: [農業会館4F]
主な業務

JAグループ岡山の総合企画調整を行っています。また、中央会内の人事労務並びに経理事務を行っています。

農政広報担当
TEL: 086-232-2358
FAX: 086-227-6610
所在地: [農業会館4F]
主な業務

地域農業の振興をすすめ、国や県に対する農業政策の要請活動や組織内外への広報活動を行っています。

教育担当
TEL: 086-234-9375
086-234-9376
FAX: 086-234-9332
所在地: [岡山県農協電算センタービル内4F]
主な業務

JA役職員の研修やJA資格認証制度による試験の実施、JA教育体制の確立・支援を行っています。

総合対策部

営農生活担当
TEL: 086-232-2461
086-232-2430
FAX: 086-227-6610
所在地: [農業会館4F]
主な業務

営農関係
意欲ある経営体作りを通じた本県の農業振興のため担い手(認定農業者・農業法人・集落営農・新規就農者)の育成・支援をしています。

生活関係
組合員の健康で豊かな生活の実現を目指して、暮らし全般に係る生活面の活動やJA女性組織の強化等を行っています。

経営指導担当
TEL: 086-232-2360
086-232-2363
FAX: 086-227-6610
所在地: [農業会館4F]
主な業務

経営指導関係
JA経営の健全性を維持・向上するための対策を中心として、会計・税務・法令の相談対応等を行っています。

内部統制関係
JAのコンプライアンス構築や不祥事未然防止等の支援を行っています。

組織整備推進部

TEL: 086-232-2361
FAX: 086-227-6610
所在地: [農業会館4F]
主な業務

JAが総合力を最大限に発揮できる組織体制を再構築するための取り組みを行っています。

監査部

TEL: 086-232-2365
086-232-2366
FAX: 086-225-1680
所在地: [農業会館2F]
主な業務

JAの監査やJAの監査機能の充実のための支援を行っています。

担い手サポートセンター

TEL: 086-232-2364
FAX: 086-232-2367
所在地: [農業会館4F]
主な業務

JAと一体的に大規模担い手経営体等を対象に個別支援・事業提案を行っています。

事業所のご案内

PAGE TOP